« 南アフリカ 紀行 第2部 | トップページ | 土曜日の朝 »

2006年7月20日 (木)

南アフリカ 紀行 第3部

日曜の朝Gさん運転のレンタカーで J・BAY  めざして出発しました。
憧れのJ・BAYにいけるなんて♪♪
とはいえでかすぎも困る!!微妙な気持ちでLet's go !

Supers_jbay_ellis_01_l

Supers636s6823jb04tostee_l














ポートエリザベスを出るとのどかな田園地帯に、きれいな風景のよいところでした。
微妙に道に迷いながらもなんとか海の近くのJ・BAYのらしきとこまで到着し小さい町のメインストリーをゆっくり走る。
[ Super Tubes ] の小さな道路標識を通り過ぎる
スーパーチューブス??   スト~ップ!!  戻って!!
たしかGAORAで見たことがある! WCTを開催しているポイントの名前だ!!
すぐさま[ Super Tubes ] の小さな道路標識まで引き返し道に入る。

車を止めて小走りで海を見ると・・・

波が・・・ない・・・・

Dscn0647

海まで降りる木製階段や自生するアロエ等の風景は、まさしくビデオで見るJ・BAYそのもの

でも波が・・・フラットだぞ・・・
ローカルサーファーに挨拶して今日は波ないのと聞くと、

「波無いね~  朝一くれば少しはあったのに」とまるで伊良湖での会話・・・
WCTの開催される7月頃が
メインシーズンで、今はシーズンオフの10月・・・
ビデオでみる7月は黄色とオレンジ色のアロエの花も満開だけど今は枯れてしわしわ・・・Slater7952jbay06karen_l__1

呆然と海を眺めていると  う~ん・・・ん??  
サーファーが3人浮かんでいるぞ??

Dscn0649

しばらく海を眺めていると、沖からセットらしきうねりが入ってくるではありませんか!!

Dscn0650

ムネカタくらいのものすごくきれいな波がライト方向ににブレイク、ショルダーがどんどん張っていく

Dscn0651 次の波でサーファーがパドリングを開始しうねりが盛り上りブレイク、サーファーがテイクオフ
サーファーが軽くアップスしてボトムターン、リッピングを繰り返し50mくらい走っていきます。
Dscn0644
次の波にもサーファーがテイクオフ 波に張り付いてスモールチューブに包まれ抜けていく・・・
次の波でもサーファーがボトムターン、リッピングを繰り返す

はあ~??   唖然とするプクでした。

セットの間隔は長く、サイズは小ぶりなのですが・・・・
さすがJ・BAY とんでもなくきれいな波がブレイクしておりました。

ローカルサーファーにサーフボードにウエットスーツがどこかで借りれるか聞くと、
近くのBILLABONGで借りれるとのこと早速BILLABONGに行きました。Bongshop07jbay05karen_l






















ウエットスーツはちょうどいいのがあり、ボードはショートとロングとファンがありました。
7ftくらいのファンと9ft4くらいのロングともに昔のサウスポイントのぼっちいやつでした。
どっちにするか悩んだのですが、まずは乗れないと話にならないので、ロングにしました。

ウエットスーツに着替え、ボードをもって Super Tubes まで戻り、木製の階段を急いで降りていく
海底はリーフなので入る場所を探していると、

鮫―!!  ヒーッ !!
(※J・BAYは鮫がでることでも有名です。
04年のJ・BAY BILLABONG PRO の試合中 10m級の鮫がでといって、タジバロウは泣きながら上がってきています。)

Dscn0623

ん・・・
サーファーが2名パドルしながら帰ってくる
あ゛~!!  イルカだ~!!
サーファーの真横をイルカが2匹一緒に泳いでいる!!
Dscn0618

伊良湖では見ることのできない光景に感激!

リーフの上を慎重に歩きながらゲッティングアウトDscn0628

ラインナップに着くと人は3人だけ、
軽く挨拶して、ビジターらしくピークから離れて一番隅っこでしばらく観察しようと波待ちしているとDscn0632

SETが入ってくるや女の子がすかさずテイクオフして、バシッ、バシッ、とリップする・・・・
マジかいな・・・
次は兄ちゃん、次はおっさん、Dscn0625

 あれ? もう一本くるぞ!!
誰もいない!!俺行っちゃうぞ!!Dscn0638

テイクオフして横に滑るとショルダーがどんどん張ってくる、板を動かそうとするとアレ??この板曲がらんぞ?? Dscn0633

ボトムターンがうまくいかず、そのまま抜けれず、波に巻かれて1本目終了・・・
波に巻かれてみると、波にパワーがあってあれ??
フェイスもパンパンに張って、ビーチのふにゃふにゃのフェイスとは違い、
しょぼいボトムターンだとレールが食ってくれません。
伊良湖のビーチブレイクとは勝手が違います。
おまけに板も借り物のモールドの初心者用のショボイ板・・・
波にパワーがあるから、7ftのファンボードのほうがよかったかも・・・

次は横に滑ってアップスしてみると、ショルダーがどんどん張ってどんどん加速して気持ちい~!!

でもバシッと当て込みにいこうとすると、曲がってくれない・・・

今度はノーズにしかしウォーキング中に波が早くてどんどん巻いてくる~!!
Dscn0636

とりあえずノーズライドは何とか使えそうでした。Dscn0634

くる波、くる波、ショルダーはりはり、面ぱんぱん、横に滑ってるだけで勝手にチューブ気味に巻いてくる、すばらしい波を
2時間くらい満喫させてもらいました。Dscn0637

BILLABONG ショップが昼に閉店するので、ボードとウェットを返さないといけないので終了しました。Dscn0639

1フィートしかありませんでしたが、さすがJ・BAY
1フィートでも波のクォリティがとんでもなく高い!
胸肩サイズのファンウェイブを堪能して大満足でした。
さらになんと!!Gさんが俺の写真まで撮ってくれていた!!
さすが、仕事ができる男!!ありがとう☆Gさん

ランチを食べGさんとこの後どこへ行こうと相談して近くに CAPE ST.FRANCICE という岬があるので行くことにしました。
CAPE ST.FRANCICE らしきところに到着して海を見ると、黒い点々が・・・Dscn0654

サーファーじゃんここでもよい波がたっており、ローカルサーファーがサーフィンを楽しんでいました。
サーフィンはなしで灯台に登って観光しました。Dscn0653

Dscn0662_1 (帰国してから、雑誌にこのポイントが紹介されていて、
シールポイントといってエンドレスサマーの中で、
ロバートオーガスト 

マイク ヒンソン 
がここでサーフィンしたという伝説のポイントでした。
(※プクは恥ずかしながら、名作中の名作エンドレスサマーをまだ見てません。)

最高の1日でした。 (^^)V

結局この後の仕事の都合でJ・BAYはこの日の1回だけとなってしまいました。
たった1回、1フィートのJ・BAYでしたが、それでもすごくよい思い出となりました。

ハイライトは終わりましたが、あと1回続きがあります。
おたのしみに♪ けっこう笑えます♪

続く・・・

|

« 南アフリカ 紀行 第2部 | トップページ | 土曜日の朝 »

コメント

スッゲー!J-BAYで乗っちゃってるじゃないですか!いいなー!
次回はフィッシュ持参でチャレンジしたいところですね。

投稿: わきた | 2006年7月21日 (金) 14時15分

・・・・待ってろ!!Jっ!!
シーズンオフに1feetでこの波・・・・
おいら、ベストシーズン・・・・
連日6feetオーバーなんて、どうしよう・・・
6は8が入ってくるんよね~~・・・8は嫌だ。8は・・・

投稿: vland | 2006年7月21日 (金) 14時35分

わきたさん
3feetの波ぐらいで、ロケットフィッシュでかっ飛んだら最高でしょうね。
メインシーズンに仕事じゃなくてsurf tripで行きたいですね。
いつになったら実現するかわからないですけど。(^^;)

投稿: プク | 2006年7月21日 (金) 22時24分

V-LANDさん
8feetって・・・僕だったら死んじゃいます。(^^;)
8なんてメイクした日にゃ、アドレナリンですぎてどえらいことになりますね。
J・BAY旅行記 楽しみにしています。
よい旅を♪  (^^)v

投稿: プク | 2006年7月21日 (金) 22時40分

ナイスレポート!!
エンドレスサマーⅠは見てないの?

投稿: BaliHigh | 2006年7月24日 (月) 16時51分

ありがとうございます。
まだ最後まで書き上げていないので、早くしないと・・・
お恥ずかしいかぎりです・・・まだ観てないんですよ。
(ブルースブラウンの他シリーズは何本か観てるのですが・・・普通エンドレスサマーからですよね)
今度レンタルで借りてみてみます。

投稿: プク | 2006年7月24日 (月) 19時30分

そっかーー
今週ロバートのサイン入り
オリジナルのエンドレスサマーをプレゼントします。

投稿: Balihigh | 2006年7月25日 (火) 06時59分

えーーっ!!
本当にいいんですか!!
ありがとうございます。
我が家の家宝にします。
ありがとうございます。

投稿: プク | 2006年7月25日 (火) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南アフリカ 紀行 第2部 | トップページ | 土曜日の朝 »